沼津市はどんな町??

駿河湾に臨む伊豆半島の付け根、愛鷹山の麓に位置する港町。
富士市、三島市、長泉町、清水町、函南町、伊豆市、伊豆の国市の6つの自治体に隣接しています。
水産業が盛んで、干物の「鰺の開き」、「雑節」の生産は、市ごとの調査が廃止される2005年まで日本一の規模でした。
名前の由来は、富士山からの地下水のため、この地域に沼が多かった事が関係しているようです。

1.自然に恵まれた環境
  南には駿河湾、北には愛鷹山、北東には富士山、南東には香貫山と海と山両方に囲まれた自然いっぱいのところです。
  市内には、小さい公園から千本松原・富士山・駿河湾この3つが臨める公園、テニスコート等があり運動ができる公園、
  アスレチックや遊具がある公園、山のところにある公園などかなりたくさんの公園があります。
  たこ足をモチーフにした滑り台がある公園が市内には3箇所(駿河台公園・共栄公園・市道公園)あります。
  また、大瀬崎は日本でも有数の人気のダイビングスポットです!!
  南西に張り出した岬のおかげで、台風など余程の事がない限り、湾内、外海、先端のどれかのポイントに潜れるそうです。
  海洋の安定が良く、駿河湾の恩恵により色々な種類の魚が生息しているので、フィッシュウォッチング派、カメラ派のダイバーに
  非常に人気!!ダイビング初心者から上級者まで楽しめます。

2.子育て支援
  近隣の長泉町や裾野市と比較し少し遅れをとっていた子ども医療費の助成制度ですが、
  平成23年10月より対象が拡大し、子育てに優しい環境に近づいています。
  以前は【小学校入学前まで、月2回まで自己負担500円。3回目からは無料】でしたが、
  現在は、【入院・通院も自己負担1回500円で、中学3年まで対象を拡大】 (無料というのは無し)しています。
  また、沼津市にも育児と仕事の両立を支援するファミリーサポートセンターがあり、  
  子育てを応援する「まかせて会員」と子育てを支援してほしい「お願い会員」が互いに助け合うシステムがあります。

3.交通
  沼津市の主要な駅と言えば、『沼津駅』。JR東海道線とJR御殿場線の2つの線が乗り入れています。
  また、沼津駅南口のバスターミナルからは市内循環などの路線バスの多くが出ており、
  北口のバスターミナルからは一部の市内バスと渋谷、新宿、東京駅方面、成田空港、大阪方面行きの高速バス等が出ています。
  北部には東名高速道路の沼津インターチェンジがあり、名古屋方面、東京方面へ行くのにも便利です。
  最近では、新東名高速道路が開通し利用が二分されるようになりました。
  そして、根古屋にある新東名高速道路のSA“NEOPASA駿河湾沼津”では、沼津市近辺のおいしいものが食べられたり、
  買い物もできちゃいます。下道からも行けるので、行った事ない方は一度行ってみて下さい♪♪

沼津市の駅

▼沼津駅   沼津市大手町1丁目にある沼津市の主要な駅。JR東海道線とJR御殿場線の2つの路線が運行中。
          JR東海道線では中間駅ですが、JR御殿場線では終点の扱いになっています。
          南口側にはバスターミナルのほか、商店街や富士急百貨店、西武百貨店(2013年1月で撤退)、
          2008年に完成したイーラde等の商業ビルがあります。 市役所などの中心的な公共施設も南口側です。
          北口側には、多くの催し物の会場となる「キラメッセぬまづ」や映画館が入っている商業施設「Bivi沼津」が横にあります。
          イトーヨーカドーも北口から近いです。

▼片浜駅   沼津市今沢にあるJR東海道線の駅のひとつ。駅の周りは住宅街です。
         ( 三島駅 ~ 沼津駅 ~ 片浜駅 ~ 原駅 ~ 東田子の浦駅 ~ 吉原駅 ~ 富士駅 )

▼原駅     沼津市原にあるJR東海道線の駅のひとつ。市内では隣の市“富士市”に1番近い駅になります。
          ( 三島駅 ~ 沼津駅 ~ 片浜駅 ~ 原駅 ~ 東田子の浦駅 ~ 吉原駅 ~ 富士駅 )

▼大岡駅    沼津市大岡にあるJR御殿場線の駅。
          (御殿場駅 ~ 南御殿場駅 ~ 富士岡駅 ~ 岩波駅 ~ 裾野駅 ~ 長泉なめり駅 ~ 下土狩駅 ~ 大岡駅 ~ 沼津駅)
           大岡駅が最寄りの高校もいくつかあるので、御殿場線の電車で通学している高校生がよく下車しています。
           駅に設置されている駐輪場のほか、近くには沼津東高校の生徒専用の駐輪場が別にあります。