三島市はどんな町??

静岡県東部の伊豆半島の中北端に位置する市。
三嶋大社の門前町として栄えてきました。北東部は箱根山の西麓、南部は田方平野が広がっています。

1.自然に恵まれた環境~水道の水がおいしい!!
  富士山や箱根山に囲まれ、各地で湧き水が見られる自然溢れる環境です。
  三島市の湧き水は、約2/3が富士山地域より、約1/3が箱根地域より供給されています。
  富士の霊峰に降り注ぎ、長い年月地下をゆっくり流れて湧き出る三島の水は、清冽でそれ自体おいしく、厚生労働省の“おいしい  
  水”の基準を十分満たしている為、国土交通省選定の“水の郷百選”にも選ばれています。

2.便利な交通アクセス
  三島市は、新幹線が停車する駅『三島駅』がある市です。
  品川へは、ひかりに乗れば約35分、こだまでも約50分で行けちゃいます。
  1934年の三島駅の開通後に、東京・神奈川方面への通勤・通学者が増加し、現在でも、多くの人が新幹線で都心部へ通勤・通学
  しています。
    また、三島駅には市内を循環する路線バスの他、三島駅を中心に市街地の公共施設周辺を循環する100円バス「せせらぎ号」等も
  出ています。そして、南口より修善寺まで伊豆箱根鉄道が通っており、伊豆方面への玄関口にもなっています。

三島駅北口